アストラルエッジ

無料で遊べるトランプゲーム「ブラックジャック」2大人気サイトも紹介!

この記事は2分で読めます

ブラックジャックはポーカーやブリッジと並んで、大人が楽しめるトランプゲームとして広く知られています。

ブラックジャックのルールとは?

本来は、親がその他のプレイヤーの一人一人とそれぞれ別個に勝負するゲームなのですが、そうではなくて親も含めた全員の中で最も強いプレイヤーが勝つというルールで行われていることもあります。

 

基本的なルールとしては、配られたカードの合計が、21に近いほうが勝ち、ただし21を超えてしまうと自動的に負けというものです。

 

まず最初に、各プレイヤーに2枚のカードが配られます。

 

親は自分にも2枚のカードを配りますが、そのうち1枚は表向きにし、全員が見ることができます。

 

各プレイヤーは自分のカードを見て、21を超えたら負けになることを考えに入れながら、合計を21に近づけるために、もう1枚カードを引くか、もう引かないかを選択します。

 

21を超えない限り、引くカードの枚数に制限はありません。

 

絵札とAのカウント方法とは?

絵札は全て10、2から8はそのままの数字、そしてAは1と数えても11と数えてもどちらでも構いません。

 

各プレイヤーが選択を終えたら、最後に親は自分のカードを見ます。

 

一応、親がプレイヤーのそれぞれと勝負するルールでは、親は合計16以下であれば必ず引かねばならず、逆に17以上であればもう引くことはできません。

 

こうして、合計が21を超えることなく、21に近いプレイヤーの勝ちとなります。

 

21を超えることをバーストと呼び、プレイヤーがバーストすれば親のバーストの有無に関わらずその時点でそのプレイヤーは負けとなります。

 

プレイヤーと親がともに21以下の同じ数字であれば、引き分けです。

 

また、親がバーストすれば、バーストしなかったプレイヤーは全て勝ちとなります。

 

絵札とAのカウント方法とは?

このゲームの重要な点は、双方バーストした場合は自動的にプレイヤーの負けとなる代わりに、プレイヤーは親のカードのうちの1枚を見ることができる点にあります。

 

見えている親のカードが絵札やAの場合は、親はかなり強いだろうと予想できます。

 

こちらも、多少のバーストする危険を冒してでも、より21に近い点数を狙う必要があるでしょう。

 

一方で、見えている親のカードが例えば5や6であれば、ルール上、親はバーストする可能性が高くなります。

 

ということは、こちらは弱い数字でも十分勝負可能です。

 

バーストしないことを第一に立ち回るのがよいでしょう。

 

このゲームを無料で遊べるサイトがあり、トランプスタジアムSDIN無料ゲームなどがあります。

ぜひ一度遊んでみましょう。

関連情報

無料で遊べるオススメのトランプゲーム13選

・無料で遊べるトランプゲーム「大富豪」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「七並べ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ハーツ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「神経衰弱」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ババ抜き」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「スピード」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「フリーセル」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ダウト」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ソリティア」2大サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ポーカー」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「セブンブリッジ」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるオススメゲーム9選

トランプスタジアムSDIN無料ゲーム

あわせて読みたい

  1. フリーセル無料ゲーム
  2. フリーセル無料ゲーム
  3. ソリティア無料ゲーム
  4. ソリティア無料ゲーム
  5. ソリティア無料ゲーム
  6. 無料オンラインゲーム
RETURN TOP