アストラルエッジ

無料で遊べるトランプゲーム「ポーカー」2大人気サイトも紹介!

この記事は2分で読めます

ポーカーのルールとは?

ポーカーというのは、七並べやババ抜きといった小さい子供でも楽しめるゲームは別にして、大人が駆け引きをするトランプゲームとしては最もよくルールが知られたものの一つでしょう。

 

ところで、一口にポーカーと言っても大きく分けて二通りのゲームがあります。一つはドローポーカー又はクローズドポーカーと呼ばれるもので、私たちになじみがあるのはこのタイプでしょう。

 

もう一つはフロップポーカーと呼ばれるもので、テキサスホールデムというのがその代表です。

 

ドローポーカーのルール

まず、ドローポーカーのルールから説明しましょう。

 

これは、まず各プレイヤーは場に参加料として一定のチップを置くとともに、5枚のカードが配られます。各プレイヤーは自分のカードを見て、不要と思われる枚数のカードを捨て、その枚数だけの新しいカードを山札からもらいます。

 

そうして得られた5枚のカードで、勝てそうだと思えばチップを賭けます。無理そうだと思えば降りることができますが、参加料とした払ったチップは戻りません。2人目以降の人は、前に賭けた人よりも少ない額を賭けることはできません。同じか、さらに吊り上げるか、あるいは降りるかの選択肢です。

 

最後まで残った人で手札をオープンし、最も強い役のできた人が勝ちです。

 

テキサスホールデムのルール

次に、テキサスホールデムのルールを説明します。これも、最後まで賭けに残った人の中で、5枚のカードで作られる役の高さを競うという点では同じですが、賭けの仕方とカードの配られ方が大きく異なります。
まず、各プレイヤーに配られるのは2枚のみです。

 

そして、この2枚は交換することもありません。もちろん2枚だけでは役を作りようがありませんね。

 

残りのカードは、実は各プレイヤーに配られるのではなくて、場に表向きに出され、全てのプレイヤーが共通して役作りに使えるカードとなるのです。

 

そして、その表向きカードが出されるタイミングに応じて、賭けは合計4回行われます。これがテキサスホールデムの特徴です。

 

まず、最初の2枚が配られた段階で1回目の賭け、次に場に3枚のカードが表向きに出されて2回目の賭け、さらに場に4枚目が表向きに出されて3回目の賭け、そして最後に場に5枚目が表向きに出されて4回目の賭けです。

 

最後まで賭けに残った人の中で、手札の2枚と場の5枚の計7枚のうち、自分で自由に選んだ5枚で最も高い役を作った人が勝ちとなります。
このゲームを無料で楽しめるサイトがあります。トランプスタジアムやSDIN無料ゲームがそうですから、一度覗いてみてはどうでしょうか。

 

 

関連情報

無料で遊べるオススメのトランプゲーム13選

・無料で遊べるトランプゲーム「ブラックジャック」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「大富豪」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「七並べ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ハーツ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「神経衰弱」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ババ抜き」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「スピード」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「フリーセル」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ダウト」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ソリティア」2大サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「セブンブリッジ」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるオススメゲーム9選

トランプスタジアムSDIN無料ゲーム

あわせて読みたい

  1. 無料囲碁ゲーム
  2. ソリティア無料ゲーム
  3. 無料のトランプゲーム
  4. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  5. フリーセル無料ゲーム
  6. フリーセル無料ゲーム
RETURN TOP