アストラルエッジ

無料で遊べるトランプゲーム「フリーセル」2大人気サイトも紹介!

この記事は3分で読めます

トランプゲームの一人プレイの一つに、フリーセルというゲームがあります。

このゲームはwindowsでやったことがある人もいると思います。

 

正確にはマイクロソフト・フリーセルと呼びます。

 

Windowsだけでなく、トランプスタジアム、SDIN無料ゲームなどでダウンロードすることもできます。

もちろん全て無料です。

 

フリーセルのルールとは?

ルールですが、まず最初、52枚のカード全てが場に表向きにして、また何のカードか分かるよう少しずつずらしながら、縦8列に並べられています。

 

7枚ある列と6枚ある列がありますが、別にあまり気にするようなことではありません。

 

この52枚のカードとは別に上方左に4箇所のカード置き場が設けられています。

ここをフリーセルと呼びます。

 

また、上方右にも4箇所のカード置き場が設けられており、こちらをホームセルと呼びます。

 

 

ゲームの最終目的は、4箇所のホームセルに同じスートのカードをA, 2, 3の順番にKまで全て積み重ね、場のカードを無くすことにあります。

 

場から動かせるカードは、場に並べられたカードのうち、各列の一番下のカードに限ります。

 

もちろん、場からホームセルに動かすには、同じスートのA, 2, 3の順番に限ります。

 

つまり最初はAだけ、その後は、既にホームセルにあるカードの次に大きい数字のカードに限られるわけです。

 

もちろんこれだけでは最終目的はまず果たせません。

 

そこで、場のカードの中での動かし方のルール、フリーセルの使い方のルールが決められています。

 

まず、場のカードにおいては、各列の一番下のカードに対してそのカードとは違う色で、かつ一つ少ない数字のカードが動かせるカードの中にあれば、その下に持ってくることができます。

 

フリーセルに対しては、動かせるカードについてはそれがどんなカードであってもそこに自由に置くことができますし、またいつでも自由に取り出して場のカードの一番下に持ってくることができます。

 

ただし、既にフリーセルにおいたカードに対して場のカードをさらに下に持ってくるというようなことはできません。

 

また、場のカードを他の列、フリーセル、あるいはホームセルに動かした結果として、空き列ができた場合、そこには自由にカードを置くことができますし、そこはフリーセルとは違って普通の列と同じようにその下にカードを持ってくることができます。

 

ルールとしてはこれだけです。

 

このルールに従ってカードを動かしながら、最終的に52枚のカード全てをホームセルに重ねることができれば成功、途中で動かせるカードが無くなったりしたときは失敗です。

 

フリーセルをするならこちらの無料サイトで遊びましょう!

 

・トランプスタジアムはこちら

・SDIN無料ゲームはこちら

関連情報

無料で遊べるオススメのトランプゲーム13選

・無料で遊べるトランプゲーム「ブラックジャック」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「大富豪」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「七並べ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ハーツ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「神経衰弱」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ババ抜き」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「スピード」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ダウト」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ソリティア」2大サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ポーカー」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「セブンブリッジ」2大人気サイトも紹介!

トランプスタジアムSDIN無料ゲーム

無料で遊べるオススメのトランプゲーム13選

無料で遊べるオススメの脱出ゲームサイト3選と2大人気ゲームの紹介

無料で遊べるオススメゲーム9選

無料で遊べる3大囲碁ゲームサイトとオススメのダウンロードソフト、詰碁、棋譜の紹介

無料で遊べる4大将棋ゲームサイトと3つのオススメのダウンロードソフト、詰め将棋、棋譜、アプリの紹介

あわせて読みたい

  1. ソリティア無料ゲーム
  2. ソリティア無料ゲーム
  3. フリーセル無料ゲーム
  4. 無料囲碁ゲーム
  5. 無料オンラインゲーム
  6. 将棋無料ゲーム
RETURN TOP