アストラルエッジ

無料で遊べるトランプゲーム「七並べ」2大人気サイトも紹介!

この記事は2分で読めます

七並べは、おそらくだいたいのルールは誰でも知っているくらいにメジャーなトランプゲームですが、実は思った以上に戦略的な難しいゲームとも言われます。

想像以上に難しい?七並べのルールとは。

七並べは、だいたい4人から6人程度でプレーすることが一般的で、一組52枚のカードを使います。

 

まず52枚のカードをよく切ってから、全員に1枚ずつ、全てのカードがなくなるまで配ります。

 

プレイヤーによってカード枚数に差が生じることもありますが、特に問題ではありません。

 

また、誰がカードを切るか、誰が配るかはプレーの本質には影響ないのですが、気になるようであれば何らかの方法、例えばじゃんけんなどの方法により先に親を決めればよいでしょう。

 

いよいよ、プレイ開始!

次に、手札に各スート(マーク)の7を持っている人は場に出します。

 

これは強制で、7があるのに場に出さないということはルール上できません。

 

出された4枚の7は縦一列に並べます。

 

並べるスートの順番はゲームに影響しません。

 

そして、ダイヤの7を出した人から順番にプレーが始まります。

 

ゲームの基本ルールは、そのスートで、既に出されているカードとつながっているカードがあれば、1回につき1枚だけ場に出すことができ、早く手札を無くしたプレイヤーが勝ちになります。

 

既に出されているカードとつながっているとは、最初であれば7だけが出されていますから6か8です。

 

もし、例えばダイヤの6が出された後であれば、次はダイヤの5が出せます。

 

あくまでも同じスートで、7につながるカードのみ出せますので、上下にある別のスートのカードとつながることはありません。

 

場に出せるカードがない場合

出せるカードが1枚もない場合、また出せるカードがある場合でも、意図的、戦略的に出さないこともでき、いずれの場合でもパスとなります。

 

パスは3回までできます。

 

4回以上のパスはできませんので、既に3回パスしてしまっている人で、もし出せるカードが無くなった場合はそこでそのプレイヤーは負けとなり、ゲームから脱落します。

 

脱落したプレイヤーのカードは全て表向きにし、そのカードが置かれるべき場所に並べます。

 

他のプレイヤーは続けますが、この場合でも、つながっているというのは7につながるカードのみです。

 

もう一つのルールとして、あるスートで8からKまで並べられたら、次はAを出せるというルールがあります。

 

6からAまで並べられたときも、次はKを出せます。
いわばKとAはループしてつながっていると考えるわけです。

 

この七並べを無料でプレーできるサイトもあります。トランプスタジアムSDIN無料ゲームが2大サイトです。

関連情報

無料で遊べるオススメのトランプゲーム13選

・無料で遊べるトランプゲーム「ブラックジャック」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「大富豪」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ハーツ」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「神経衰弱」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ババ抜き」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「スピード」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「フリーセル」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「ダウト」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ソリティア」2大サイトも紹介!

無料で遊べるトランプゲーム「ポーカー」2大人気サイトも紹介!

・無料で遊べるトランプゲーム「セブンブリッジ」2大人気サイトも紹介!

無料で遊べるオススメゲーム9選

トランプスタジアムSDIN無料ゲーム

無料で遊べるオススメゲーム9選

あわせて読みたい

  1. フリーセル無料ゲーム
  2. ソリティア無料ゲーム
  3. ソリティア無料ゲーム
  4. ソリティア無料ゲーム
  5. フリーセル無料ゲーム
  6. 無料のトランプゲーム
RETURN TOP